〒377-1711
   群馬県吾妻郡草津町草津 464-27
   電  話  0279-88-2227
   F A  X   0279-88-2230
   メールアドレス
           kusachu@kusatsu.ed.jp
 

校内研修

平成25年度 校内研修

 1 研修分野・主題
   (1) 分野 : 学習指導
  (2) 主題 : 生徒の“自己表現力を高める”授業づくり ~言語活動の場を工夫して~
         
  2  主題設定の理由
    新学習指導要領では、平成20年の中央教育審議会の答申を受け、思考力・判断力・表現力
  等の育成を重要な改善の視点として示した。またそのために、基礎的・基本的な知識及び技能
  の活用を図る学習活動を重視し、言語に対する関心や理解を深め、言語に関する能力の育成を
  図る上で必要な言語環境を整え、発達の段階に応じて生徒の言語活動を充実させることが求め
  られている。
    本校の生徒の課題として、昨年度挙げられたものに加えて、自分の考えを言葉で伝えられな
  い生徒が多いこと、発言・発表をする生徒が一部に限られることなどが挙げられる。そこで、各
  科や特別活動において、言語活動の場の工夫を図った授業実践を行い、さらに各学年の実態
  に応じてQUテストの実施・活用をしたり、言語環境の整備を行ったりすることで、思考力・判断力
  ・表現力を育む学習活動の基盤が形成され、生徒の自己表現力が高められると考え、本主題を
  定した。

  3  研修組織                                                                           
                                                     ┌ 第一学年 ┐    
      校長・教頭-研修推進委員会-全体会┤  第二学年├各学年会-個人    

                                                      └ 第三学年 ┘    
  4  研修内容
   ○基礎的・基本的な知識や技能を身に付けさせるとともに、その知識や技能の活用を図る言語
    活動を授業の中に設け、生徒が積極的に自己表現できるような態度を養う。

  ○各学年の実態に応じて、QUテストの実施・活用及び教室掲示などの言語環境の整備を行い、
    徒が積極的に自己表現できるようなクラスづくりを行う。


  5  研修方法                                                                  

  ○校内研修の時間を計画的に設定し、学年部会での研修の充実を図る。

  ○研修推進委員会で、研修の企画、運営、各学年・各個人の実践の調整に努める。

  ○全体研修と班別研修を中心にして、情報交換、意見交換を行いながら実践を進める。



  6  研修計画

   《1学期》

    ・今年度の研修概要の検討と共通理解

    ・QUテスト①の実施及び検討

    ・講義:QUテストの使い方、見方について

    ・指導主事計画訪問

    ・言語環境の整備(掲示物等)

   《2学期》

    ・授業実践(授業公開及び授業研究)

    ・QUテスト②の実施及び検討

    ・学校保健委員会にて(アサーション・トレーニングについて)

   《3学期》

    ・個人、学年ごとに研修のまとめ

    ・研究紀要の作成

    ・町の教育研究会にて研修の成果発表

    ・次年度の研修の方向性について検討

 

校内研修

平成24年度 校内研修 
 
 1 研修分野・主題
   (1) 分野 : 学習指導
  (2) 主題 : ”やる気をもたせる”授業づくり ~問題解決的な学習を取り入れて~ 
         
  2  主題設定の理由
 昨年度の研修の成果によって、授業中における学習規律が定着してきた今、生徒たちのさらな
る学習意欲を引き出し、学力向上を目指して学校全体で取り組むことが大切である。そこで、学習
に対する生徒の”やる気”を育てる手法について、昨年度の学習規律を機能させる取り組みについ
ては継続しながら、”問題解決的な学習”を授業に取り入れ、生徒が主体的に学習に取り組める
ことを目指した授業づくりを行っていく。そのために、授業の展開において、意欲的に問題解決的
な学習を行う場面を設定し、主題にせまろうと考え、本主題を設定した。

  3  研修組織                                                                           
                                                        ┌ 第一学年 ┐    
      校長・教頭-研修推進委員会-全体会┤  第二学年├各学年会-個人    

                                                        └ 第三学年 ┘    
  4  研修内容
    ○ 学習規律(チャイム着席、始業・終業のあいさつ、指名の仕方等)を機能させながら、学習に
   意欲的に取り組む生徒を育成する取り組みを継続する。
    ○ 基礎的・基本的な知識を身に付けさせるとともに、身に付けた知識や技能を活用した問題解
   決的な学習を取り入れ、主体的に学習に取り組む態度を養う。

  5  研修方法                                                                  

    ○ 校内研修の時間を計画的に設定し、学年部会での研修の充実を図る。
    ○ 研修推進委員会で、研修の企画・運営、各学年の実践の調整に努める。
    ○ 全体研修と班別研修を中心にして、情報交換、意見交換を行いながら実践を進める。


  6  研修計画
    ○ 1学期…研修概要の検討と共通理解、QUテスト①の実施、”やる気”に関するアンケート①の実施
    ○ 2学期…実践(学習規律の徹底・指導の工夫・改善等)、指導主事計画訪問、QUテスト②の
         実施、”やる気”に関するアンケート②の実施
    ○ 3学期…研修のまとめ、研究紀要の作成、次年度の教育課程の提案、町教育研究会発表会

 

校内研修

平成23年度 校内研修 
 
 1 研修分野・主題
   (1) 分野 : 学習指導の工夫・改善
  (2) 主題 : ”やる気をもたせる”授業づくり ~授業中の学習規律を機能させながら~ 
         
  2  主題設定の理由
   (1) 授業中の学習規律・ルールの確認を通して、やる気をもって学習に取り組む生徒の育成を図る。
   (2) 各教科での指導方法の工夫・改善を通して、やる気をもって学習に取り組む生徒の育成を図る。

  3  研修組織                                                                          
                                                        ┌ 学習規律班┐    
      校長・教頭-研修推進委員会-全体会┤                    ├各学年会-個人    
                                                        └ 授業技術班┘    
  4  研修方法                                                                   
    ○ 校内研修の時間を計画的に設定し、各部会・検討班での研修の充実を図る。
    ○ 研修推進委員会で、研修の企画・運営、各学年の実践の調整に努める。
    ○ 全体研修と班別研修を中心にして、情報交換、意見交換を行いながら実践を進める。

  5  研修計画
    ○ 1学期…研修概要の検討と共通理解、実践(指導の工夫等)。指導主事計画訪問。
    ○ 2学期…実践(学習規律の徹底・指導の工夫・改善等)。
    ○ 3学期…研修のまとめ、報告書の作成、次年度の教育課程の提案、町教育研究会発表会。